北海道の自然で育まれた新鮮な乳製品
おいしさの秘訣

北海道の大自然でのびのびと育った乳牛で作る生乳100%のおいしい乳製品をお届けします。乳製品づくりにかかせない北海道のカラッと冷涼な気候風土と豊かな牧草地帯は、ミルクロードとも呼ばれ、日本で最も牛の育成に適した酪農地帯です。

おいしい牛乳に欠かせない大切なことは牧草づくりから

おいしい牛乳は、のびのびと育つ健康な牛から、甘みがあってクリーミーな美味しさが生まれます。 安全でおいしい牛乳を生産するのにまず大切なことは、牧草づくりです。 土づくりからはじめる自然栽培から良質の牧草が育ち、穀物には農薬を散布しない等、 牛の育成環境を整え、元気で健康な牛から毎日搾りたての牛乳を牧場と工場直結で製造しています。 北海道の道南は、牛を育てるのに最適な自然環境に恵まれました。 自然なおいしいチーズやヨーグルトなどの乳製品をお楽しみ下さい。

北の大地で牛と暮らすことの好きな酪農家たちが、北海道らしい美味しい牛乳づくりのため、良い土・良い草を育て、健康な牛の育成に日々励んでいます。そして毎日『おいしい乳製品』をお届けします。  _____by 函館牛乳

◆ 道南は、酪農王国北海道のパイオニア 函館と南北海道は温暖な気候と豊かな自然、澄んだ空気とおいしい水に恵まれた酪農に最も適した地帯です。 日本で初めてチーズが作られたのは、函館のとなりまち・七飯町の勧業試験場でした。1900年には近くのトラピスト修道院で本格的なチーズ製造が始まります。函館・八雲を始めとする道南地方は気候風土が酪農に適していることから北海道の酪農発祥の地として開拓以来100年以上もの間、発展してきました。

相本水産
かまだ商店
函館牛乳
函館・五島軒
岡田製麺
カールレイモン